スキーをもっと楽しく!

スキーが好きな君へ

スキーに行ったときのリフトの乗りかた

スキーに行くと必ずと言っていいほどリフトに乗ります。
そこで初めてスキーに行く人でも分かりやすいように乗りかたと降り方を説明したいと思います。
まず、タイミングが重要です。
前の人がいったら、線があるのでそこまで進み前の人が乗ったら、また線があるのでそこまで進みリフトが来たらタイミングを見て座ります。
この時、どこかを見ていると膝に当たりがくんとなるので気をつけて、乗ったらあまりうごかないようにします。
動くとリフトが止まったり、揺れて危ないからです。
あとストックが落ちないようにしっかり持っているようにします。
落ちると取りに行くのがめんどくさいです。
そして、降りるときが一番難しいです。
小屋みたいなものが見えたら降りる用意をして地面が見えたらまず、スキー板を地面と水平にしてストックが、引っかからないようにして、あとはその勢いを利用して結構先まで行って後ろの人の邪魔にならなように注意して降りて終わりです。

ビギナースキーヤーのリフトの使い方

スキーやスノーボードの初心者にとって、リフトの乗り降りは当面の最難関になります。
乗り降りで手間取って流れを止まってしまったり、後ろに並んでいる人に迷惑をかけたりと、いろいろ考えて余計に失敗しやすくなってしまいます。
そうならないような対策としては、まず初心者であることをしっかりアピールする方法があります。
ゲレンデの乗り場には、かならずスタッフが配置されています。
ほとんどのスキー場では、このスタッフに「初心者です」と伝えれば、乗り降りを手助けしてくれますし、スピードを調整してくれるところもあります。
このようにして何度かリフトに乗っていると、少し気持ちに余裕が出てきます。
次に自力で乗る場合は、まず定位置まであわてずに進み、後ろからやってきたリフトをまず手で押さえることです。
手で押さえれば腰を下ろすタイミングをつかみやすくなります。
降りるときも同様で、板を設置させ滑らせながら、椅子を手でつかみ、ゆっくりと椅子を放せば、簡単に降りることができます。

Favorite

Last update:2017/5/11

 

Copyright 2015 スキーが好きな君へ All Right Reserverd.