スキーをもっと楽しく!

スキーが好きな君へ

シーズンオフのスキー板・ボードのお手入れ

春になりウインタースポーツもシーズンオフになってきましたね。
冬の間使ったスキー板やボードをそのままにしてはいませんか?冬の間使い込まれたスキー板やボードには無数の汚れや傷がついていることでしょう。
長持ちさせて次のウインターシーズン安心して使えるようにシーズンオフのメンテナンスはとても大切なことです。
ここでは誰でも簡単にできるお手入れの仕方を紹介します。
まずソールの汚れを落とします。
ソールには花粉、黄砂、油分などたくさんの汚れが付着しています。
水洗い、または専用のリムーバー(汚れ落とし)で洗い流し、乾いたタオル等でしっかり水気をふき取ります。
そしてよく乾かしたら保管するわけですが、保管場所は日に当たらず風通しの良い場所を選びましょう。
ケースなどに入れてほこりから防ぐのも良い方法です。
最低限これだけのお手入れをしておけば長持ちし来シーズンも安心してウインタースポーツを満喫することができるでしょう。

スキー用品を長持ちさせるための手入れの心得について

スキーは冬季に楽しむスポーツの中でも知名度が高いことから様々な道具が販売されています。
自分好みのスキー用品を購入できることから愛着がわきますが、その一方でシーズンオフになった際に手入れを行わないと傷んでしまうことがあります。
お気に入りの一品を長持ちさせるためには必ず適切な方法で手入れを行い、機能を良好な状態で持続させることが大切です。
スキー用品は雪が降り積もったゲレンデで使用するので、シーズン中は常に雪解け水で濡れた状態になっています。
雪は白い見た目とは裏腹に汚れた水で形成されているので、使い続ける間に泥や砂などの汚れがこびり付くことになります。
汚れたまま放置すると変色や錆などが発生して強度が低下し、使用中に破損する危険も生じます。
そのため、使用する度に水気を綺麗に拭き取り、汚れが付着しないようにコーティング作用があるスプレーを使用するなどの工夫を施します。
常に清潔な状態であるように入念に手入れを行う事が使い心地を良好に保つ心得です。

Valuable information

東京 貸倉庫

2017/7/20 更新

 

Copyright 2015 スキーが好きな君へ All Right Reserverd.